HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
アイデアのつくり方
「アイデアのつくり方」は
ジェームス・W・ヤングという人が、
1940年に出版した本です。

アイデアのつくり方.jpg

ジェームス・W・ヤングは広告業界の方なら
よくご存じかも知れませんが、
アメリカ最大の広告代理店、トンプソン社の
常任最高顧問やアメリカ広告代理業協会の会長を務めた人物です。


「アイデアのつくり方」は
ヤングが広告制作という仕事の中で、
つねにアイデアを作り続ける必要があり、
その生産方法を公式化することを目的とし、
書かれた本です。

僕はこの本を20回以上読みました。

といっても、とても薄い本なので
30分もあれば読めてしまいます。

しかし、その内容たるや
時代を超えて、素晴らしいものがあります。


そもそもヤングの定義では
「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の
何ものでもない」
ということです。


目の前で起こっていることを
冷静に整理し、
既成概念にとらわれず、
新たな視点で見つめ直すことで
まったく違ったひらめきが現れてくるのです。


僕は近頃の日本には
“アイデア”が欠乏しているように思います。

常識という視点で
物事を見つめているだけで
閉塞した考え方が蔓延しているように思います。

おそらく、世の中は
良いこともあれば悪いこともあるのが常です。

良いことをより面白くし、
悪いことを良いことに変えるのが
アイデアです。


僕は将来、
大学を創ろうと思っていますが、
その大学では「アイデア」のつくり方が
学べる場所にしたいですね!!


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<楽しいデザインイノベーション | 昨日、僕が見たアメリカ人起業家の「夢」 >>