HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
ネットよりも紙がエコという話
今日、M社の高橋さんに
とあるお願い事に対するお電話をしているときに
面白い話を聞きました。

高橋さんが勤める会社が参加するイベントで聞いた話です。

なんでもイギリスの学者が研究した結果によると
「ネット」よりも「紙媒体」のほうがエコだということです。

GoogleやYahooのサーバーを運営するのは
莫大な消費電力が必要で
その電力を作るために火力発電や原子力発電が必要です。

その結果。CO2が大量に排出され、
結局、環境破壊につながります。

それに対し、パルプを原料とする紙は
もちろんパルプを生み出すために木を使います。

しかし、紙に使われる木の量なんて
いたって小さな量に過ぎません。

そして、紙を作るために伐採された後に
また、新しい木を植えることで
環境にほとんどダメージを与えていないのです。

高橋さんの会社は紙を販売する
ディーラです。

彼は以前から心のどこかで
紙を売ることは環境破壊に繋がっているんじゃないかと考えていたそうです。

しかし、上記の話を聞いて
すごく自分達の仕事に自信が持てたそうです。

そして、今は紙業界はかなりアウェイな状況ですが
これも一時のブームかも知れないと考えるようになりました。

つまり、ネットで発信される情報は
耐久性が紙に比べて極めて低い物です。

例えば、テーブルにおかれているチラシは
なにかの表紙に見返すことがあるかもしれませんが
ネットで見かけた情報は
能動的に再び見ようとしない限り
自然と目に飛び込んでこないのです。

また、電子書籍にしても
確かに便利なようですが
紙で出来た本のように折り曲げたり
線を引いたり何気なく眺めていたりすることができません。


ようするにネットによって紙が駆逐されるのではなく
ネットはネット、紙は紙の役割が明確になってゆくだけです。


確かに本の虫の僕にとって
紙で出来た本は無くてはならない物の気がしますから。


books.jpg
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
インテリアデザインに見る“社会の変化”
僕はインテリアデザインの雑誌を
流行のベンチマークにします。

当然、ファッションが一番早い
ベンチマークですが
少し、尖りすぎていて
世間に広がるまでに時間が掛かります。

その点、インテリアは
工業製品の世界ですので
ファッションほど舵きりが簡単ではありません。

だから、ある程度、
世間一般のベンチマークに近いかなーと考えています。

ただ、日本のインテリア雑誌は
あまりにもステレオタイプ的になりがちですので
海外のインテリア雑誌を参考にしています。

Picture 1.jpg

先日、心斎橋アセンスで買ってきた
ヨーロッパのインテリア雑誌です。

これらを見ていると
最近の傾向は「様式がごちゃまぜ」って感じです。

一時期、日本でも“ミニマル”やら“フォークロア”だのと
ある一定方向の「様式」がインテリアにありましたが
近頃は本当にごちゃ混ぜです。


Picture 2.jpg

この傾向って、
様式美を好む理系頭のインテリアデザイナーにはつらいでしょうね。

最近の流行って
かなり“女性脳”な気がします。


Picture 3.jpg


Picture 4_1.jpg

女性雑誌って見慣れていない男性が見ると
気分が悪くなるでしょう。

なんか、そんな感じで
気の向くまま、自分の好きな物を
ごちゃっと混ぜでコーディネートするのが上手な
女性感覚が流行ですね。


まあ、この流れって
別にインテリア雑誌を見なくても分かる事ですが
しかし、独特なセンスや才能を求められている時代です。

ハードからソフトへと
世の中が移り変わっていますね。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
自分の頭で考える訓練
先日、父親に勧められて
中西輝政氏の
「本質を見抜く考え方」という本を読みました。

book.jpg

この本はいきなり“まえがき”ですごいことが書かれていました。
以下、本文から

「正しい物の見方というのは、
できるだけいろいろな立場や視点からものごとに光を当て、
曇った眼鏡や色眼鏡、歪んだレンズで
ものごとを見ないようにすることから始まるということです。

そのために何が大切か、
誰の目にも明らかなのは、
すでにできあがって他人の考え方に染まらないで、
「自分の頭で考える」ということです。

一見もっともらしく見える他人の判断や見解を、
そのまま自分の頭に取り入れるということは
もしかしたらとんだ色眼鏡や歪んだレンズに、
自分の頭を支配されかねないということです。」


僕はこの文章を読んで、
先日、無くなったスティーブ・ジョブズのことを

スティーブ・ジョブズはどんな些細な話であっても
常に自分の考え方に照らし合わせながら答えを出す人。

と書かれていた記事をを思い出しました。


生き方のオリジナリティーとは
奇をてらった生き方をすることではなく、
いつも自分の考えや価値観を持ち、
ぶれることなく答えを見つけ出す生き方なんでしょうね。


複雑な時代だからこそ
ぶれない自分を培っていきたいものです。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
すごく久しぶりのブログです。
こんにちは芦谷です。

またまた、ものすごく久しぶりのブログです。


最近、自社の販売サイトのブログにばかり力を入れていて
本家、ドライブのブログがおろそかになっていました。

これからは少しづつブログアップをしていきます。


最近、とある占星術の先生から
面白い話を聞きました。

それは、世の中が「魚座」の時代から「水瓶座」の時代に
変化するというお話しです。

なんでも占星術の世界では
2000年周期で世の中を12星座で分けて考えるのだそうです。

そして、キリストの誕生から2000年ぐらいまでを
「魚座」の時代とよぶそうです。

「魚座」の時代とは物質のみならず、精神を貴ぶ時代です。
正に宗教が生まれた時代です。

そして、巨大な権力争いが行われてきた時代でもあります。


しかし、新たに到来する「水瓶座」の時代は
物質と神秘的な物が対等に渡り合う時代だそうです。

ヒーリングが流行るのもその影響でしょうか?

この時代は巨大な権力志向よりも
クリエイティブで多様性のある価値観が同居する時代だそうです。

水瓶座生まれの僕は自分の時代が到来することが
とってもうれしいですね。


正直、占星術のことはよく分かりませんが
確実に世の中が変化している事を
ひしひしと感じます。

インターネットが世の中を変えたのではなく、
世の中の構造的変化がインターネットを生み出したのではないでしょうか?


先日、無くなったアップル創設者スティーブ・ジョブズ氏なんて、
まさにその寵児だったのではないでしょうか?




僕はこれから変わっていく世の中を
しっかりと捉えながら新たな世界を作る一人として
頑張っていこうかなーと考えています。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
デザイナーはもっと「ビジネス」をするべきです。
久しぶりのドライブブログです。

久しぶりに検索エンジンを調べてみると
キーワード「ブランディングデザイン」の不動の1位が
他社に奪われていました。

1位の会社ホームページは
フルフラッシュで作られています。

しかし、社名を「ブランディングデザイン」とするぐらいの
気合いの入れ方ですの
かなり被リンク対策などSEO対策をしていると思って調べてみると
被リンクは圧倒的にドライブの勝利でした。

ブランディング被リンク.jpg

しかし、なぜかページランクは1位のほうが上でした。
ドメイン取得後1年なのに…

このあたりがSEO対策の妙技ですね〜


さて、最近、弊社で力を入れているのは
自社でインフラを構築することです。

その一つが「ベリービー!」という
紙袋販売サイトです。

http://www.berry-b.jp/

このプロジェクトは
国内、海外の生産工場と提携してリーズナブルに
デザイン性の高い紙袋を販売するというプロジェクトです。

元々、ドライブのコンサル先クライアントに提案していたプランですが
ちっとも乗り気でなかったので、
自社で販売サイトを立ち上げました。

立ち上げた当初は
片手間での運営だったので
年間売上げが100万円も満たない状態でしたが
今年から気合いを入れて取り組んだお陰で
1ヶ月で1年分の売上げに達するようになりました。

実際、僕はこのプロジェクトに取り組んだお陰で
「商売」というものを違った角度で考える事ができるようになりました。

今までデザイナーはデザインをクライアントに提供することが
ビジネスでしたが、
僕はデザイナーの考え方を使った新たなビジネスモデルが
どんどん立ち上がっていくべきだと考えています。

世の中はどんどん短いサイクルで
変化を繰り返しています。

昨日の常識は今日の非常識というのが
日常茶飯事となっています。

そんな世界では過去の経験に縛られていると
あっという間の取り残されていきます。

そして、その状況で
必要な考えた方とは常に新たな発想力です。


発想力はデザイナーの得意とする技です。


だから、これからのデザイナーは
クライアントにデザインを提供するだけではなく、
デザインの力であらたなビジネスを組み立てることに
取り組むべきでしょうね。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76