HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
VoiceTraってすごい!!
相変わらずiPhone中毒です。

最近、専門学校の卒業生の「なおくん」に教えてもらった
VoiceTraにはまっています。
このアプリは京都府にある独立行政法人情報通信研究機構というところが
作っていて、さすが国家の頭脳を
集結させているだけにすごい精度の高さです。

ようするに翻訳ソフトですが、音声入力、出力4カ国語、
テキスト入出力が23カ国語可能で、音声認識能力がかなり高精度です。
なにやら国の研究の一環で無料アプリとして配布されていますが
ドラえもんに出てくる「翻訳コンニャク」が登場する日も
間近に感じさせるすごいアプリです。
あーこれだからiPhoneがやめられない!!


VoiceTra1.jpg


VoiceTra02.jpg


VoiceTra3.jpg

日本語から中国語に変換してみました。


VoiceTra4.jpg

僕は中国語は分かりませんがなんか流ちょうです。
音声認識が上手くいかないときはテキスト入力が可能です。

サーバーとアクセスして変換するため、一日100回の翻訳制限がかかっています。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
DRIVE chatty note No.2が完成しました!!
昨日、印刷会社から
DRIVEが発行するデザインフリーペーパー、
DRIVE chatty note No.2が送られてきました。

ついこの間、No.1を発行したところなのに
もう、No.2とは…

月刊にすると大変です。
週刊誌を作っている出版社の苦労が身にしみます。

DC1.jpg

DC2.jpg


今回の特集は
「入社案内を考える!!」

DC中面.jpg


さておき、越智君を筆頭に
ゆみちゃん、根来さん、植木くん、それから、今回取材に協力してくれた
大久保くん、占部さん、廣島くん、その他たくさんの皆様
本当にご苦労様です。

さあ、明日は発送作業です。

がんばりましょー(^_^)v

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
フォントの歴史が分かる本
今日、事務所の近所にある
西日本書店で「Retro Fonts 1830-1990」という本を買いました。

RetroFont1.jpg

僕はもともとクラシックなデザインが大好きなのですが、
この本は単純な懐古主義的なデザイン本ではなく、
時代ごとに流行したフォントが並べられ、
そのフォントの時代背景を
実際のポスターなどの資料と共に紹介するという
とても学術的な側面のある本です。

RetroFont2.jpg

多くのデザイナーは
フィーリングだけでロゴマークを作ったり、
フォントを選んだりしますが
フォントにはその時代を克明に表す
背景があります。

そして、その時代に生きた人々の
考え方や生き方を示すのがフォントです。

ですので、フォントの歴史を知ることで、
デザインの考え方に奥行きがでるのです。


また、この本がすごいのは
掲載されているフォントのうち、222書体を
実際に使うことができるところです。
(すごく使いたいフォントはCDに入っていませんが…)

RetroFont3.jpg

RetroFont4.jpg

フォントのダウンロード画面も
すごく、分かりやすい作りです。

RetroFont5.jpg

RetroFont6.jpg

定価4800円+税とデザインにすると
お手頃価格ですので
デザイナー以外の方にも社会分析にオススメです。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
スマートフォンで広がるメディアの可能性
スマートフォンの凄さに
今更ながら、日々感動しています。

今日ネットで見つけたフリーソフトで
QRコードを作りました。

このQRコードにYouTubeの画像リンク先を埋め込むことで
無料で自由な動画配信が可能となります。

お店の紹介や
スタッフ紹介、
新商品紹介に使えます。

パンフレットやカタログで語ることができない部分を
ムービーで紹介できます。

いろんな可能性を感じて
ワクワクします!!

DRIVEQR_Code.jpg

スマートフォンでQRコードを読み込んで見て下さい。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
奥山清行さんの新刊に学ぶ
友人のすすめで奥山清行さんの新刊を読みました。

タイトルは
「ムーンショット デザイン幸福論」

ムーンショット.jpg

奥山さんはフェラーリの最高級車フェラーリ・エンツォの
ディレクターとして有名な方です。

今は故郷である山形に自分の会社を作り
デザイナーとして世界中を駆け回っています。

「ムーンショット」とは
アポロ計画の成功をたたえて
「遠大な計画でも、目標に向かって努力すればいつか実現する」
という意味で使われる言葉です。


この本には
現代のデザイナーがどのように生きるべきか、
これからの日本社会がデザイナーをどのように活用するべきかを
ものすごく端的に書かれています。

端的に言えば、
デザイナーの仕事は
「カタチ」をつくる仕事ではなく、
「コト」をつくる仕事となったということを
奥山さんは実体験から語っています。

1時間ほどで読める本ですが
中身の分厚い本でした。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76