HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
明日は「いいちこ」本社に行きます。
iichiko.jpg


明日、大分宇佐市にある「いいちこ」で有名な三和酒類本社に行きます。

本社見学と赤松会長にお会いするためです。


僕は、自分のメルマガで5年前に
三和酒類の記事を書いたことがありましたが
20歳代のころから、一度は訪問したいと思っていた会社です。


僕が駆け出しデザイナーのころ、
河北秀也氏が書いた「デザイン原論」という本の影響を
とても強くうけました。

今日、自分のデザイナーとして考え方が
この本で築かれたと言っても過言ではありません。

そして、河北秀也氏の最大の仕事の一つが
三和酒類のブランディングです。

その三和酒類に
ついに足を踏み入れることができるのです!!

その上、赤松会長にお会いできるなんて!!


何事も、真剣に願えば
願いが叶うものなのかもしれませんね。


また、訪問後のお話しはこのブログでご報告します。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
ブランディングに必要な“アナログ”と“デジタル”の幸せな関係
メールやYou TubeやブログやTwitterやらと、
デジタルによる情報発信ブランディングが
大流行です。いや、流行というより
常識となっています。

僕も5年ほど前から始めた
メルマガを皮切りに、
ブログも2年前からせっせと書くようになりました。

ブログを書くようになって
DRIVEのホームページには
一日ユニークユーザー300人以上が
訪れてくれるようになりました。

明らかにブランディングツールとして
優秀です。


しかし、その反面、
DMやらパンフレットやらの
紙媒体によるブランディングが
おろそかになっている気がします。

そんなことを考えているおり、
僕が15年間にわたり講師を務めている
ヒューマンアカデミーという専門学校の卒業生から
自分が働いている
京都に本社のある「いろは出版」という会社の
イベント告知DMが送られてきました。

はがき裏.jpg

はがき表.jpg

とってもかわいいデザインのはがきには
卒業生の直筆文章が書かれ、
とても懐かしい気分にさせられました。

イベントの開催場所が
舞浜ということで
行けるかどうかわかりませんが、
近くに行くことがあれば
ぜひ立ち寄りたいと思わされました。


この連絡が
もし、メールで来ていたのならば
おそらくこんな気分にならないと思います。

送ってきた本人のことは
懐かしく思いますが
一日もたつと忘れてしまうのが
メールです。

ところが葉書は
少しでも面識のある人間から送られてくると
なかなか捨てづらく、
親しい人なら大切に保管しておきます。


ブログを書いている僕が
こんなことを言うのもなんですが、
ブランディングはネットだけにたよっているのでは
だめですね。

デジタル化が進めば進むほど、
人間自身がアナログな生き物ですので
人と人とのふれあいを感じる物を
求めてしまいます。


僕達DRIVEも
もっとアナログの大切さを再確認しようと思っています。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
消費者モニター会
定期的に大阪商工会議所から
セミナーやイベントのお知らせがFAXできます。

いつも
会計士や税理士の先生による
財務セミナーや税金対策についてものや
在阪有名企業の経営者の方のセミナーが
ほとんどです。

今回、送られてきたFAXは
いつもと毛色の違った内容でした。

タイトルは
“「消費者モニター会」出展企業募集”。

200人の女性モニターを会場によび、
出展費用1万円で
モニターさん達から意見を聞くという趣旨です。

大商.jpg


正直、いつも目を通さないFAXですが
今回の内容はかなり興味をひかれました。

有名な講師の先生によるセミナーよりも
無名の女性の方々200人の意見を
聞いてみたいという人は沢山いると
思ったからです。

たまたま、同じ内容のイベントに参加した人から
話を聞くことができましたが
集まった女性方に好き放題、言われる会だそうです。



大手企業は自社でモニターを集めて、
マーケティングテストをしますが、
ほとんどの中小企業は
マーケティングテストを行わないで
いきなり市場でマーケティングテストを行うような
方法をとります。

もちろん、大手企業のように
マーケティングコストをかけることができないので
フィールドテストとなるのですが、
結果的に
売れない商品を開発して販売するのと
ある程度コストをかけて
マーケティングしてから
商品を市場に出すのと
コスト的にはたいして変わらない気が
僕はします。


情報が少ない時代、
身近に手に入る物を
あまり疑うことなく
消費者は購入していましたが
現在のように
情報過多の時代、
有名企業の商品でさえ、
簡単に売れなくなっています。

その不安を
多くの企業は抱えているので
顧客の意見を聞きたくなるのでは
ないでしょうか?



ちょっと変な想像をしてみたのですが
“女性モニター200人”の替わりに
“男性モニター200人”としたら
どうなるでしょうか?


商品のターゲットにもよりますが
そんなに沢山の参加企業が集まる気がしませんね…



と考えると
最近の企業は
女の人の意見に
神経を尖らせているのかもしれませんね。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
“田中マサアキ”カメラマン+“キュピキュピ”映画上映中
僕が撮影をよくお願いしている
友人のカメラマンである
田中マサアキさんが撮影監督をつとめた映画が
公開されました。

タイトルは「SickeTel」シッケテル。


1.jpg

2.jpg

「オー!マイキー」「狂わせたいの」で有名な
キュピキュピの石橋義正さん監督の
オムニバスムービーです。

テイストはかなりのホラー。

スタントマンの決死の撮影により
ベンツとアルファロメオを実際に衝突大破させ、
女性の首が…

なんてシーンがあったりと…



今回上映されるのは
この秋からロードショーとなる本編の
スピンオフムービーだそうです。

場所は
現代美術のメッカ
丸亀市猪熊弦一郎美術館です。

今回はこの美術館全体が
キュピキュピの企画展となっています。

3.jpg

4.jpg

谷口吉生氏の建築による
めっちゃおしゃれな美術館全館で
キュピキュピの作品と映画が楽しめます。

全体的な印象は
すごいおしゃれな「お化け屋敷」だとか!?


納涼がてらに
ぜひご覧下さい。



期間:2010年7月18日(日)〜11月3日(水)まで。
場所は丸亀市猪熊弦一郎美術館

http://www.mimoca.org/event3_8.html

| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
SIMロックフリー時代到来!!
最近、モバイルWiFiが流行っているので
家電オタクのウエキに調べてもらいました。

彼の調査によると
「b-mobileWiFi」が一番良いとのことで
早速、ヨドバシカメラに買いに行きました。

ところが、EMOBILEとかソフトバンクのPoketWiFiとかは
一目で分かるところで売られているのですが
「b-mobileWiFi」は店員を3人ハシゴして、
やっと売り場所にたどり着けました。

電子辞書の片隅で売られていたのでした。

なんだか不安になって
店員にスペックを聞くと、
300Kしか速度が出ないとのことでした。

ソフトバンクのPoketWiFiだったら最大7Mもでるのに。

受信エリアを尋ねると、
そこのところはドコモのFOMA回線を使用しているだけに
日本全国、ほとんどの場所で受信可能なそうです。

FOMA.jpg

EMOBILEとかソフトバンクのPoketWiFiは
都市部でしか使用できないそうです。

あまりの速度の遅さに
迷いに迷いましたが、
1ヶ月フリーの特別エントリーパックということで
最悪、1ヶ月で解約するつもりで購入しました。

会社に帰ってから早速テストを開始すると
遅いのなんのって…

WiFi.jpg

思わず、ウエキに当たり散らしていました。

ウエキは再度スペックを確認すると
3Kと300Mを間違って見ていたとか…!!

使用感は
かつてのアナログ回線を思わす速度です。

とてもではないがメールぐらいでしか使えないとあきらめながら
ホームページをよく見てみると
「アクセラレータ設定」という項目がありました。

パソコンやi-padの設定をかえることで
800kまでの速度を出すことができました。

b-mobaile.jpg

多少のストレスがありますが
なんとか使える速度です。


しかし、あらためて考えると
すごい時代の到来だと思いました。

なぜなら、今までの携帯電話とかの通信機器は
2年単位のしばりがあり、
その期間の売上げが容易に計算できました。

そのため、ソフトバンクの「0円キャンペーン」じゃないですが
入り口のハードルを異常に低くして
顧客の囲い込みにより莫大な収益を得ていました。

ところが、経産省の方針により
SIMロックフリーの時代が到来すると
好きな通信会社が選べて
使いたいとき使うサービスが一般化してきます。

今回、僕が買った日本通信の機械も
他社のSIMカードが自由に使えます。

これから、ソフトバンクやauが方針転換を迫られるでしょう。


なんだか、巨大なビジネスのながれを
ちっぽけなカードで感じた出来事でした。


simcard.jpg
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76