HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
鉄道ファン御用達ホテル
近頃、鉄道マニアの代名詞である、
「鉄ちゃん、鉄子」に続いて、
「鉄ママ」が登場しました。

「鉄ママ」とはその名のごとく鉄道マニアのママのことです。

元々、子供が鉄道マニアで
子供をつれて鉄道マニアが集まる
駅や博物館に行っているうちに
ママ本人がマニアになってしまうケースです。

そして、鉄ママ達のお陰で
思わぬ需要が生まれたりしています。

例えば、列車を見た後に
鉄ママ同士が集うために
線路や駅近くのカフェが大繁盛したり、
家族で鉄道マニアの場合、

何の変哲もないホテルが
鉄道が見えるという理由で
「トレインビュー」というプランを打ち出し
予約でいっぱいになったりしています。


まったく、お金のかからない商品企画です。

しかし、買い手の目線から商品を考えれば
浮かんでくるアイデアではないでしょうか?


興味の無い人にとっては
なんの意味も無いものが
興味のある人にとっては
宝物の価値を持つんですね。

僕は鉄道マニアではないので
マニアの気持ちが分かりませんが
アイデアマンの視点から見れば
とても興味深いお話です。



ホテル日航成田.jpg


鉄道マニア.jpg









ランキングサイトに参加しました。
このブログをお読みになって「面白い!!」と思っていただけたら
ワンクリックお願いします(^_^)v

人気ブログランキングへ
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
ワードプレスをチューンアップした高性能ホームページ
大阪船場にあるオーダースーツショップ、
「グローバル・スタイル」のホームページが
3ヶ月の歳月をかけて、やっと完成しました。

「グローバル・スタイル」の田城社長をはじめ、
皆様、本当にお待たせしました。

総ページ数が30ページ以上。
スタイルを様々なキーワードから検索できる
データベース。
アクセス解析のフル装備と
言い訳のようですが
かなりの高性能ホームページとなりました。


TOP.jpg


プログラムのベースは
今、絶好調に流行っている「WordPress」。

とってもユニークなプログラムなのですが
癖がかなり強烈で
その癖を押さえながら複雑なレイアウトを組むのに
一苦労でした。
田村先生、大西君、ありがとうございました。


全体のコンテンツは
ディレクターの越智君が
百社以上のスーツブランドのホームページを分析し、
「グローバルスタイル」の
個性が引き立つコンテンツを考えてくれました。


suits.jpg



そして、膨大なコンテンツの
繊細な管理をYUMIちゃんが担当。
陣頭指揮を執られていた田城社長と
緻密な打ち合わせを繰り返してきました。


今回のホームページの売りの一つが
「STYLE GALLERY」です。

style-gallery.jpg


元、パナソニックの敏腕プログラマー、
武村先生に作って頂いただけあって
低価格ながら高性能データベースで構成されています。


「STYLE GALLERY」を企画した越智君がこだわったのは
ホームページから単純に情報を手入れるだけの時代が終わり、
インターラクティブなインターフェイスにより
ゲーム感覚でサイトが閲覧でき、
リピーターを獲得するという
時代に変わったという考え方によります。

糸井重里さんの「ほぼ日」の愛読者である
越智君ならではの視点だと思います。


いずれにしろ、ホームページは
生き物なので出来上がってから
どう育てるかが勝敗の分かれ目となります。



これからも、「グローバル・スタイル」のホームページ育成を
頑張っていきます!!


blog.jpg


ぜひ一度、「グローバル・スタイル」の
できたてホヤホヤのサイトをご覧ください!!

http://www.global-style.jp/





◆◆◆WEBデザインであなたの会社をブランディングしませんか?◆◆◆

WEB制作は基本的に、
プログラム会社に発注するものとお考えではありませんか?

よく、SEOやJavaScriptやCGIとか
難しいコンピューター用語が氾濫しているので
プログラムの世界だと考えがちですが、
WEBは立派なプロモーション、
ブランディングツールです。

あなたの会社の“売り”を十分に分析し、
コンピューターに詳しくないお客さんが
スムーズにお買い物をしたり
資料請求をするための企画力が
成功するWEB制作には欠かせません。

私たちドライブでは
独自のフォーマットに基づいたヒヤリングにより、
あなたの会社の“売り”分析し、
あなたの会社のお客さんに最もマッチした企画とデザインに基づき、
最適なWEBシステムをプログラマーとの綿密な打ち合わせで
ご提供致しております。

クライアント様のご予算に合わせて
最適なご提案を行います。

新規のWEB制作やリニューアルをお考えの方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

ご希望の内容に合わせて無料でお見積もりさせていただきます。

http://www.drive-inc.jp/contact/




ランキングサイトに参加しました。
このブログをお読みになって「面白い!!」と思っていただけたら
ワンクリックお願いします(^_^)v

人気ブログランキングへ
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
企業ブランディングの神髄とは?
僕の父親は昨年末まで
足かけ、14年間香港の商社で働いていました。

父親の会社の親会社は
大阪に本社がある中堅食品会社でしたが、
会長の急死により、
大手食品会社の傘下に入りました。

その時に、香港に駐在していた父親が
そのまま、現地企業の社長となりました。

父親は急死された元親会社の会長を
とても尊敬していて、
香港着任時に会長が決めた給料を
香港の会社が成長してからも
そのまま据え置き続けて、
母親のひんしゅくを買っていました。


ゴールデンウィーク中に
僕が実家に帰った時に、
父親が尊敬してやまなかった
会長の話を聞くことができました。

その会長が経営していた会社は
病院や社員食堂の給食を提供している会社でしたが、
会長が若い頃、業界の立場がとても低く、
取引先の病院や学校の表玄関から入ることが
許されないような状況でした。

当時、若かった会長は
その境遇に憤慨し、
表玄関を堂々と歩け居るような業界に変えることを
心に誓いました。

それから、会長は業界団体を作り、
自社の事業規模も大きく拡大させ、
自分たちの業界を町のお弁当屋さんから
給食産業へと転身させていったのでした。


会長は生前、僕の父親を始め、
多くの人に尊敬されていました。


僕は会長の話から
家業と企業の違いとは
社会に対する表明だと気づかせられました。

小さな会社は利益一辺倒でも問題がありませんが、
社員が数十人以上の規模となると
社員達が何を目的に働いているのかを
経営者が示さなければ
会社は進歩できないということを
改めて学ぶことができました。

企業ブランディングとは、
みんなが一丸となって、大義名分を実行することから
生まれるのではないでしょうか?


食堂.jpg





ランキングサイトに参加しました。
このブログをお読みになって「面白い!!」と思っていただけたら
ワンクリックお願いします(^_^)v

人気ブログランキングへ
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
日経新聞の広告にに見るマーケティング
僕は日経新聞を購読していますが
あまり、記事を読みません。

もちろん、せっかく購入しているのですから
何となくは記事を読みますが
僕が日経新聞を購入している最大の理由は
掲載されている広告を見るためです。

日経新聞の広告はターゲットが絞り込めれているために
他の新聞に比べてかなりマーケティングの勉強になるのです。

5月1日(日曜日)に掲載されていた
「日本貨幣史大全」という広告も
かなり興味深い広告です。

日本貨幣史大全1.jpg

全15段(新聞片面全面)に239枚の硬貨が額装された写真が
ど〜んとあり、その下に硬貨の注釈が事細かに書かれていました。

別に、古い貨幣に興味の無い僕でも
思わず、読み込んでしまう内容でした。

その広告の内容は
江戸時代から現代までの硬貨をごと年代ごとに並べた
貨幣の歴史のコレクションです。

売り方は
中高年の人の想い出にさわるような
かつてのコインや記念行事コインが中心となった
販売方法です。

販売価格は一括払いで178000円もしますが!!
硬貨の大半は現代でも流通している硬貨で
ネットで市場流通価格を調べたところ
原価は6〜7万円(専門業者ならば原価4万円ぐらい)の商品です。

僕がこの広告に興味を持ったのは
一つ一つの硬貨にはほとんど価値がないのに
その編集方法でとても高価な価値を持たせたところです。

特に、貨幣に詳しいコレクターならば
見向きもしないようなコインを
「想い出」という新たな切り口で編集し、
高額の価値を持たせていることに感心しました。
(実際にどのくらい売れているかしりませんが…)


世の中には様々な価値が存在しますが、
絶対的な価値は存在しません。

誰かのための「価値」に編集することで
商品としての「価値」を持つことを
勉強させられる日経新聞の広告でした。



日経新聞の広告はマーケティングの勉強にとてもオススメです!!!





ランキングサイトに参加しました。
このブログをお読みになって「面白い!!」と思っていただけたら
ワンクリックお願いします(^_^)v

人気ブログランキングへ
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
お好み焼き用オタフクソースから学ぶマーケティング
先日、友達と一緒にお好み焼きパーティーをしました。

ソースが無かったのでスーパーに買い出しに行くと
お好み焼きソースだらけにビックリしました。

ソース.jpg

僕が子供の頃はソースと言えば、
とんかつソースかウスターソースの2種類でした。(古〜)

しかし、最近では焼きそばソースはもちろんのこと
お好み焼きソース、たこ焼きソースと
ソースを使う食材ごとに細分化されています。

お好み焼き用ソース一つとっても
何種類もあってどれを選んでいいのかさっぱりわかりません。

そんな中で、最終的に僕の目にかなったのが
「風月」のお好み焼きソースと「オタフク」ソースでした。

その理由は
どちらも本格的なお好み焼きソースのイメージがしたからです。

最終的に「オタフク」ソースの中でも
「関西風味」という関西に特化した商品に軍配があがりました。

オタフク-1.jpg


「オタフク」ソースは西日本では
とても有名なソースメーカですが、
特に「お好み焼き用」として有名です。

80年の社歴を持つ会社で
1938年に醸造酢「お多福酢」の製造販売をしたことが
「オタフク」のネーミングの始まりです。

その後、1975年に「オタフクソース株式会社」と社名を変更しましたが、
ソースの中でも「お好み焼き」ソースに徹底的に集中特化しました。

そのこだわりの強さは、自社で「お好み焼き研修センター」を
作るほどです。

しかし、この「お好み焼き研修センター」はシャレで
作っているわけではなく立派な戦略に則ってのことです。

その理由は個人宅のお好み焼き需要の拡大よりも、
量がさばける飲食店を増やす方が手っ取り早いと考え、
お好み焼き店開業予定のプロを養成する
「お好み焼き研修センター」を全国7箇所 に設け、
年間約300人が受講しているそうです。

売上高も業界第1位のブルドックソースと僅差の第2位というポジション。
(207億7000万円(2009年9月期))


ソース一つ取って物徹底したこだわりと
戦略が考えられているのですね。






ランキングサイトに参加しました。
このブログをお読みになって「面白い!!」と思っていただけたら
ワンクリックお願いします(^_^)v

人気ブログランキングへ
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76