HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
インターネット時代のブランディング
震災の影響で
電話などの機能が寸断されている中でも
サーバーが無事であればかなりの場所でインターネットが
活躍していました。

例えば、電話が繋がらなくてもTwitteで連絡が取り合えたりした例が
そうですね。

今後、ますますインターネットというメディアが
従来の電波や紙媒体とはまったく異なった
情報発信源となるのは確実なことです。

そして、インターネットも従来の
文字や画像ベースから
音声や動画、iアプリのようなクラウド型アプリケーションまで、
様々な形で情報を発信する時代となってきています。

そんな時代でもまだまだ多くの企業はインターネットの重要性を
あまり理解していません。

ほとんどの企業では
ホームページを立ち上げてから
ろくに更新もせず、もちろんSEO対策もせずに
放置しているのが現状です。

僕のようなSEOマニアから見ると
そのことがもったいなすぎてたまりません。

インターネットはご存じのように
情報発信をするというだけのツールではなく
双方向のコミュニケーションを行うツールです。

特に、最近、Googleなどは「被リンク」というものを
とても重要視しています。

※被リンク
http://www.seo119.com/glossary/ha/hilink.html

被リンクとは平たく言うと
ホームページの支持者のようなものです。

自分のホームページに沢山のホームページからの被リンクがはられると
そのホームページは支持が多いとして検索エンジンから重要視され
検索ランキングが上昇します。

検索エンジンで80%の人が2ページまでしか見ないというデータがあります。

どんなにすぐれたホームページでも
検索エンジンの500ページ目に存在すると
誰も知ることの無い存在となるのです。

逆に考えると
検索エンジンの2ページ目までに
自分のホームページが表示されると
反応率が極端に高くなると言うことです。

SEOは決してそんなに難しい技術ではありません。

僕のようなグラフィックデザイナーにでも
理解できる技術です。


今後の企業ブランディングに欠かせないインターネット。

もっと重要視してほしいですね。



僕がお気に入りのSEO関係の情報ページです。

http://dokodemo.rankuappu.com/
SEOの初歩から中級までが学べます。

http://www.suzukikenichi.com/blog/
海外の最新SEO情報が満載です。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<猿でもわかる!!WEBブランディング その1 | 大阪一大きい本屋さん「丸善+ジュンク堂」 >>