HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
年齢、性別、学歴まで分析する「アドプランナー」って!?
先日のブログで
「これからは“WEBマーケティング”の時代」と言いましたが、
昨日、ご紹介した小川卓氏の
「ウェブ分析論」という本の中に
サイト閲覧者の“年齢”“性別”“世帯年収”“学歴”を
簡単に分析するGoogleのサービスが紹介されていました。

名前は「アドプランナー」です。
www.google.com/adplanner

用途はその名の通り、
広告出稿を考えて担当者が
効果的な媒体を分析するために開発されたサービスです。

使用するにはGoogleだけに無料です。
(AdWordsなどに契約する必要はありません)

ただ、Googleのアカウントを取得している必要があります。

このサービスを使って、
僕のクライアントのサイトを分析してみました。

分析したのは
K-twoという全国展開している美容室のサイトです。

k-two_a.jpg

赤く囲ってある一番上の所にアドレスを入力してエンターキーを押すだけです。

(表示される単位はKは1000、Mは100万、Bは10億を意味します。)


なんといとも簡単に
年齢、性別、学歴、世帯年収の分布表が現れます。

これらのデータのソース元は

グーグル検索の情報
Google Analyticsでオプトインされた情報
グーグル以外の消費者パネルの情報
グーグル以外の市場調査データ

ということです、

「どこから出た情報だ?」と疑問に思う年収や年齢層などの情報も、
アルゴリズムで算出しているとのこと。

グーグルは、 アドプランナーで表示されるデータが
アルゴリズムを使った推測ベースではあるものの、
広告出稿をプランする場合の参考となる指標として使うには
十分な正確性をもっているとしています。

サイトによっては
10倍近い誤差がある場合もあるそうです。

今回、僕がサンプルに使用したK-twoのサイトは
当たっているところもあれば
ままかな〜ってところもありました。

しかし、確かに大づかみな“指数”としては
悪くありません。

まあ、Google恐るべし…という感じです。


あと、アクセスス数の大小や
ページランクによっては
“参照できるデータはありません”
と表示されます。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<ホームページ作りの正しいプロセス | まだ、ホームページは作るな!! >>