HOME  >ブログ  
CALENDAR
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TAGS
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
連載:「Googleを使った企業ブランディング」03
先日のブログを読まれた人の印象が
「難しい…」というご意見と
「初歩的なこと」というご意見をいただきました。

確かに見る人によって
それぞれですね。

でも、僕は「難しい…」と思われる方のために
お話していきたいと思っています。
だから、できる限り簡単に分かりやすくお話したいと思います。

僕も昔、ネットの世界は全くブラックボックスだと思っていました。
というよりも「難しそう…」という気持ちが先行して
理解する気がありませんでした。

そんなある時、この第1回目に書いた本に出会って、
もしかしたらインターネットによって自分が知りたかった情報を
手に入れられるんじゃないかと思うようになり、
片っ端からネット関係の本を読み漁りました。

すると少しだけネットのことが理解できるようになりました。

でも、僕はその程度のレベルでいいんじゃないかと思っています。
だって、僕はプログラマーじゃありません。
本格的なことはプロに頼めばいいのです。

ただ、知りたいことを知る能力を身につけたいだけです。

だから、このブログをお読みの方に対して、
何もかも自分でできるようになろうと思う必要はないと僕は思います。

そんなこと時間の無駄です。

インターネットで何ができるのかを知って
経営に役立たせることが目的です。

今日、とある大手SEO会社から営業電話が掛かってきました。
純度の高い被リンクを大量にパックにするので
依頼されたキーワードを必ず検索エンジン1ページ目に掲載すると言いました。
そのときの売り文句は
「IP分散」
「トラストサイト」
「ページランクの高い被リンク」
「アウトリンク10以下」
「関連キーワードを多く含むサイト」
などなどです。
何のことかわかりますか?
わかる人はかなりSEO対策に詳しいかたですね。
僕も以前ならば
そんなことをいわれても何のことかさっぱり分からなかったので
単純に「自社サイトが検索エンジン上位に上がるんだー」
という程度しか認識しませんでした。
そして、検索上位に上がると
勝手にお客さんが沢山集まるんだ~という程度の認識でした。

しかし、SEO会社の営業の邪魔をするつもりはありませんが
もし、検索1位になったとしてもわんさかお客さんが集まることはありません。
(全くというつもりはありませんが…)

経営にホームページを生かすためのSEO対策は
もっと違った考え方が必要です。

そのお話はまた後々します。

ただ、何らかのSEO対策は必要です。

それは、自分の会社の目的にマッチしたSEO対策です。

僕はSEO会社を完全に否定するつもりはありません。

ただ、彼らは自社の経営に本当に必要なキーワードが何かということを
教えてくれません。

彼らは顧客の依頼のあったキーワードを検索上位に上げてくれるだけです。

しかし、逆に考えると
自社の経営に必要な検索キーワードをわかっているのならば、
彼らはとても役立つ存在です。

これはホームページ制作会社やアクセス解析会社に対しても
同じことが言えます。
経営者自身が彼らの活用方法をよく理解していると
無駄なコストを費やすこともなく、
なおかつ質の高い専門家にピンポイントで要件を伝えられるので、
費用対効果が高まります。

ピータードラッカーは
「大工と話すときは大工の言葉を話さなければならない」と言っています。

しかし、「大工になれ」とは言っていません。

なんか、長くなっちゃったので
「Googleウェッブマスターツール」の説明は
明日します…たぶん。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<連載:「Googleを使った企業ブランディング」04 | 連載:「Googleを使った企業ブランディング」02 >>